2017年7月11日火曜日

旅行記23日目 世界遺産「リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔 」巡り


ヨーロッパ世界遺産旅行記23日目、ポルトガル4日目は、世界遺産「リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔 」を訪問しました。




ジェロニモス修道院とベレンの塔はリスボン中心部からちょっと外れたベレン地区にあります。トラムに乗ってベレン地区に向かいました。


世界一エッグタルトが美味しいパステイス・デ・ベレン


ジェロニモス修道院近くに超有名なエッグタルト(ポルトガルではパステル・ド・ナタまたはパステル・ド・ベレンと呼びます)の店「パステイス・デ・ベレン」があります。世界遺産訪問前に寄り道します。かなり混んでいますが、店内も広いので割とすぐに席に就けました。有名店にもかかわらず感じの良い店員さんたちです。


本家のエッグタルトはかなり美味しいですね。

参考:パステイス・デ・ベレンのパステル・デ・ナタが最高に旨い


「パステイス・デ・ベレン」からジェロニモス修道院までは歩いてすぐです。


ジェロニモス修道院


まずはサンタ・マリア教会から見学。見学は無料のためか入場するのに列ができていました。


ここにはヴァスコ・ダ・ガマとルイス・デ・カモンイスの棺が安置されています。かなり豪華絢爛なインテリアの教会です。


次はジェロニモス修道院のハイライトの回廊を見学。かなり広くて大きい回廊です。アーチに施された彫刻が見事です。

次のベレンの塔まではちょっと歩きます。


ベレンの塔


塔の上の展望台は入場制限があって、上るのに30分以上待ちました。


その甲斐あってテージョ川沿いのすばらしい眺望が楽しめました。

帰りもトラムでリスボン中心部に戻りました。


コメルシオ広場周辺を一通り撮影。

ホテルに荷物をピックアップするために戻ったのですが、あいにく誰もいなくて暫し待たされました。小さなホテルでありがちなトラブルです。

荷物をピックアップしてセッテ・リオスのバスターミナルに向かいます。今日はファティマまでバスで移動です。

セッテ・リオスまでは地下鉄で。駅からバスターミナルまでの道が分かりにくかったです。ファティマ行きのレデ・エスプレッソス社の バスチケットも問題なく買えました。レデ・エスプレッソス社はポルトガルの長距離バスで一番メジャーですね。バスもきれいで快適です。一応チケットには指定された席の番号が記載されているのですが、ポルトガルの人はあまり気にしない人が多いみたいです。


ファティマに到着

2時間程でファティマに到着。バスターミナルから徒歩でホテルへ。しばし休息の後近くのピンゴ・ドーセに夕食と朝食の食材の買い出しに出かけました。結構デリが充実していたので夕食に便利。フルーツも豊富でイチゴやチェリーが安かったです。

ホテルの人がススメてくれたので夜のミサを見に行きました。


聖母出現礼拝堂に沢山のキリスト教の信者があつまっていました。旅行記などで厳かとか表現されていますが、宗教的な礼拝儀式は気味が悪いというか怖いですね。お祈りの邪魔にならないように気を使いながら撮影させてもらいました。

ミサの後、大聖堂なども撮影。6月でも夜はちょっと肌寒かったです。



掲載している写真はシャッターストックにて販売しています。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿