2013年6月28日金曜日

ワロン地方炭鉱跡

2012年登録の世界遺産

ベルギー ワロン地方炭鉱跡が新世界遺産登録

グラン・オルニュ(Grand-Hornu):
場所 : エノー州のモンス市郊外
1810年に建造された旧ボリナージュ炭坑複合施設。現代美術館MAC'sを併設。炭鉱、附属工場、労働者と経営者の住宅約440戸からなり、ある意味ひとつの都市を形づくっていたともいえる場所。

開館時間: 火~日10:00-18:00
閉館日: 月、12/25、1/1
料 金: 一般6€、15名以上の団体4€ 車椅子可
住 所 : 82, rueSainte-Louise - 7301 Hornu
電 話 : +32(0)6565 21 21
URL : http://www.grand-hornu.be

カジエの森(Le Bois du Cazier):
エノー州のシャルルロワ市郊外、マーシネルにあるかつての炭坑跡、カジエの森。ここはかつて主要エネルギーであった石炭を産出し、シャルルロワの産業と繁栄をささえた。現在は、産業博物館とガラス博物館などがある。詳しくはこちらから
http://www.belgium-travel.jp/wallonia/charleroi.html

ボワ・デュ・ルック(Bois-du-Luc):
エノー州ラ・ルーヴィエール市郊外のボワ・デュ・ルックは、炭鉱労働者用の住宅群で、その起源は1685年にまでさかのぼる。19世紀半ばより炭鉱労働者の生活の場として使用されていたが、1950年代に閉鎖された。現在、住宅の一部は公開されており、当時の生活の様子をうかがい知ることができる。詳しくはこちらから(英語、フランス語、オランダ語のみ) http://www.ecomuseeboisduluc.be/

ブレニー・ミーヌ(Blegny-Mine):
ワロン地方の4つの炭鉱跡のうち3つはエノー州にあり、残りの1つ、ブレニー・ミーヌはリエージュ州にある。ブレニー・ミーヌは、19~20世紀当時はベルギー国内生産トップを争うほどの石炭の産地だった。現在は炭鉱跡を見学するツアーがあり当時の面影を見ることができる(有料)。見学ツアーなどの詳細はこちらから(英語、フランス語他) http://www.blegnymine.be/

2013年6月27日木曜日

ドイツ鉄道の割引チケット まとめ

ドイツ旅行では鉄道利用が必須。ドイツ鉄道の各種割引チケット、割引制度をまとめ。

ジャーマンレイルパス
通常、外国人旅行者が利用する鉄道パス、有効期間1ケ月利用日乗り放題
DBの窓口で購入すれば手数料なし。国内で代理店経由の場合、割高。

10日間
1st class adult* 460 EUR 1日あたり46ユーロ
2nd class adult* 330 EUR 1日あたり33ユーロ


バーンカード
多分国内利用者向け、1年間有効運賃50%引き
自動更新のため、解約手続きが必要。

リージョナルデイチケット(Länder-Ticket)
IC/ICEを使わないならジャーマンレイルパス10日間(1日あたり33ユーロ)よりお得
AM9:00-AM3:00
IRE/RE/RB/Sバーンなど
ブランデンブルク・ベルリンチケット 29/49ユーロ 
バイエルンチケット 22/33ユーロ ミュンヘン、ニュルンベルク周辺の観光に便利
ニーダーザクセンチケット 22ユーロ
ヘッセンチケット 32ユーロ
ラインラントプファルツチケット 22ユーロ
ザールラントラインラントプファルツチケット 22ユーロ

2013年6月26日水曜日

ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群 まとめ

「世界で最も美しい炭鉱」と言われています。

ヴィルヘルムスヘーエ公園

おススメ度 ★

2013年登録の世界遺産。

2013年新登録の世界遺産

Bergpark Wilhelmshohe
ドイツ、文化遺産(iii)(iv)
1689年にカール方伯がバロック庭園を建設し、その孫ウィルヘルム1世が発展させた壮麗な公園。頂上にそびえるのがカッセル市の象徴・ヘラクレス像で、ここの集水池から落ちる水の力を利用して、階段滝=グラン・カスケードやシュタインホーファー滝、高さ50mにもなる大噴水といった「水の劇場」を演出した。こうしたイタリア式庭園の要素と同時に、フランス式庭園の平面幾何学的な要素や、山や渓谷といった自然景観を取り入れたイギリス式庭園の要素を併せ持っている。


園内は広大で高低差もあるので、徒歩で回るには注意が必要。

おススメの散策ルートは、トラムとバスを乗り継いで一番上のヘラクレス像まで行き、ここからカスケード(人工の階段状の滝)を経由してヴィルヘルムスヘーエ城までは下りて来るルートです。基本下りなので楽に散策できます。

ヘラクレスの像
Bergpark Wilhelmshöhe
上に立っているのがヘラクレス像。カッセルの象徴だそうです。

カスケード
Bergpark Wilhelmshöhe

ヴィルヘルムスヘーエ城
Bergpark Wilhelmshöhe

10月の訪問でしたので見れませんでしたが、夏にはカスケードの上から水を流すショーが開催されます。行く前に日程・時間を確認しておくと良いでしょう。



2013年6月23日日曜日

カルパティア山脈のブナ原生林とドイツの古代ブナ林群

おススメ度 ★★

ドイツにある古代ブナ林群は5箇所
・ヤスムント国立公園(メックレンブルク・フォアポンメルン州)
・ミューリッツ国立公園(メックレンブルク・フォアポンメルン州)
・グルムズィナー・フォルスト(ブランデンブルク州)
・ケラーヴァルト・エーダーゼー国立公園(ヘッセン州)
・ハイニッヒ国立公園(テューリンゲン州) ここ行きました

ヤスムント国立公園(メックレンブルク・フォアポンメルン州)
ブナ林はシュトゥープニッツ台地にある。一番近そうな街は世界遺産のシュトラールズント。ここからは鉄道はない模様。

ハイニッヒ国立公園(テューリンゲン州)
Ancient Beech Forests
見所はキャノピーウォーク(木の上を歩ける遊歩道)のバウムクローネンプファート。まずはここを目指しましょう。

アイゼナハ駅前から超ローカルの路線バスがあり、1時間程で行けました。時間により途中乗り換えがあり、待ち時間が結構あります。帰りのバスの時間も調べておきましょう。

バウムクローネンプファートの入り口付近には、売店があります。ランチにはソーセージなどが食べられます。

キャノピーウォークの中心に展望台があります。ここからの眺めは最高です。世界遺産の古代ブナ林が一望でき、近隣のアイゼナハやエアフルトの町も見渡せます。

キャノピーウォークに登らなければ、公園内は無料です。時間があれば森林の中を散策するのも良いかも。

ブナ林といえば、日本にも世界遺産の白神山地がありますが、ブナ林全体を上から一望できる点でハイニッヒ国立公園のバウムクローネンプファートはおススメです。

ムスカウ公園 まとめ

ムスカウ公園 Wikipedia

ムスカウ公園(ドイツ語: 俗称 Muskauer Park, 正式名 Fürst-Pückler-Park Bad Muskau, ポーランド語: Park Mużakowski)はドイツとポーランドの間を流れるナイセ川にまたがるイギリス式庭園。560ヘクタールもの広さをもつ。ドイツ側はバート・ムスカウ(Bad Muskau)、ポーランド側はウェンクニツァ(Łęknica)の町に接する。

ポーランド語では「パルク・ムジャコフスキ(ムジャクフ家の公園)」と呼ぶ。もとの家主の姓「ムスカウ(Muskau)」はスラヴ起源の名称で、ポーランド語で「ムジャクフ(Mużaków)」、ポーランド語と近縁のソルブ語で「ムジャコフ(Mużakow)」と発音するこの地名を表すため、「ムスカウ家(Muskauer)」はポーランド語で「ムジャクフ家」(ただしドイツ人の姓としてはドイツ語の発音を尊重して「ムスカウ」と発音)、ソルブ語で「ムジャコフ家」である。

公式サイト(英語)
行き方の説明あり

The best way is to travel by train (Deutsche Bahn) to Weisswasser. From there, local buses (ZVON) will bring you to Bad Muskau. The "Kirchplatz" stop in the town is just a few steps from Muskauer Park.

In the season between April and October, you also have the option of travelling from Weisswasser to Bad Muskau on the romantic Muskau Forest Railway.

Deutsche Bahn
Tel. 0800-1507090 (Information, free of charge from landlines inside Germany)
www.db.de

Regionaler Verkehrsverbund ZVON
Tel. 0800-98664636 (Information, free of charge from landlines inside Germany)
www.zvon.de

Gesellschaft zur Betreibung der Waldeisenbahn mbH Weißwasser
Tel. 03576-207472
www.waldeisenbahn.de


WeisswasserからBad Musukauまで
機関車 曜日限定、2時間おき
バス250番 30分、1時間おき


ローマ帝国の国境線

イギリスのハドリアヌスの長城、アントニヌスの長城、ドイツのリーメス

ザールブルク城砦
ザールブルク城砦の詳しい解説
ルッフェンホーフェン城砦
ルッフェンホーフェン城砦の詳しい解説

2013年6月22日土曜日

ドイツ世界遺産周遊計画

世界遺産のある都市と観光の基点(宿泊地)とする都市をまとめました。予定欄に印のある所を周遊予定です。
No 物件名 都市 基点 予定 行き方
1 アーヘン大聖堂 - (1978年) アーヘン ケルン xxx ケルンからICE0:35
2 シュパイヤー大聖堂 - (1981年) シュバイヤー フランクフルト xxx フランクフルトからICE+S1:40
3 ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場 - (1981年) ヴュルツブルク ニュルンベルク xxx ニュルンベルクからICE0:50、フュッセンからヨーロッパバス10:00
4 ヴィースの巡礼教会 - (1983年) ヴィース フュッセン xx フュッセンから路線バス0:20
5 ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト - (1984年) ブリュール ケルン xxx ケルンからRE/RB/MRB0:15
6 ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミカエル教会 - (1985年) ヒルデスハイム ハノーファー xx ハノーファーからRE0:25
7 トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会 - (1986年) トリーア トリーア xx ケルンからIC+RE2:30
8 ハンザ同盟都市リューベック - (1987年) リューベック ハンブルク x ハンブルクからRE0:45
9 ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 - (1990年、1992年拡大、1999年拡大) ポツダム ベルリン xxx ベルリンからS70:30
10 ロルシュの大修道院とアルテンミュンスター - (1991年) ロルシュ フランクフルト xx フランクフルトからEC+RB1:00
11 ランメルスベルク鉱山と古都ゴスラー - (1992年) ゴスラー ハノーファー x ハノーファーからRE/RB1:20、バスC番0:10
12 バンベルクの町 - (1993年) バンベルク ニュルンベルク xx ニュルンベルクからRE0:46
13 マウルブロン修道院の建造物群 - (1993年) マウルブロン シュトゥットガルト xx シュトゥットガルトからRE+RB1:30
14 クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街 - (1994年) クヴェートリンブルク ハノーファー xx ハノーファーからRE+HEX2:30
15 フェルクリンゲン製鉄所 - (1994年) フェルクリンゲン トリーア xx "フランクフルトからICE/RE2:30
トーリアからRE0:55"
16 ケルン大聖堂 - (1996年) ケルン ケルン xxx
17 ヴァイマルとデッサウのバウハウスとその関連遺産群 - (1996年) ヴァイマル ヴァイマル x ベルリンからICE2:22
17 ヴァイマルとデッサウのバウハウスとその関連遺産群 - (1996年) デッサウ ベルリン xx ベルリンからICE/RE1:20
18 アイスレーベンとヴィッテンベルクにあるルター記念建造物群 - (1996年) ヴィッテンベルク ベルリン xx ベルリンからICE1:00
18 アイスレーベンとヴィッテンベルクにあるルター記念建造物群 - (1996年) アイスレーベン ライプツィヒ xx ライプツィヒからRE1:00
19 古典主義の都ヴァイマル - (1998年) ヴァイマル ヴァイマル x ベルリンからICE3:00
20 ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島) - (1999年) ベルリン ベルリン xxx
21 ヴァルトブルク城 - (1999年) アイゼナハ アイゼナハ xx フランクフルトからICE1:45
22 デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国 - (2000年) デッサウ ベルリン xx ベルリンからICE+RB+車2:00
23 僧院の島ライヒェナウ - (2000年) コンスタンツ コンスタンツ xx シュトゥットガルトからIC+IRE2:20
24 エッセンのツォルフェアアイン炭鉱業遺産群 - (2001年) エッセン ケルン xx ケルンからIC+Str1:20
25 ライン渓谷中流上部 - (2002年) リューデスハイム フランクフルト xxx フランクフルトからRE1:00
26 シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区 - (2002年) ヴィスマール ハンブルク x リューベックから1:15
26 シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区 - (2002年) シュトラールズント ハンブルク x ベルリンからRE3:10
27 ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像 - (2004年) ブレーメン ハノーファー xx ハノーファーからRE/ICE1:00
28 ドレスデン・エルベ渓谷 - (2004年~2009年) ドレスデン ドレスデン x ベルリンからIC2:00
29 レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ - (2006年) レーゲンスブルク ニュルンベルク xx ニュルンベルクからICE/RE1:30
30 ベルリンのモダニズム集合住宅群 - (2008年) ベルリン ベルリン xxx
31 ムスカウ公園 - (2004年) コットブス ベルリン xx ベルリンリヒテンベルク駅からRE1:15、コットブス駅乗換OE0:30、Weisswasserからバス250番0:30
32 ローマ帝国の国境線 - (1987年、2005年拡張) ザールブルク フランクフルト xxx フランクフルトからS50:25,バドホンブルクからバス
33 アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群 - (2011年) コンスタンツ コンスタンツ xx シュトゥットガルトからIC+IRE2:20
34 アールフェルトのファグス靴工場 - (2011年) アールフェルト ハノーファー xx ハノーファーからIC0:28
35 バイロイトの辺境伯歌劇場 - (2012年) バイロイト ニュルンベルク xx ニュルンベルクからRB1:00
36 ヴィルヘルムスヘーエ公園 - (2013年) カッセル フランクフルト x フランクフルトからICE1:30
37 メッセル採掘場の化石発掘現場 - (1995年) メッセル フランクフルト xx フランクフルトからRB0:40
38 ワッデン海 - (2009年) ハンブルク ハンブルク x
39 カルパティア山脈のブナ原生林とドイツの古代ブナ林群 - (2011年) ハイニッヒ アイゼナハ x

フュッセン/シュヴァンガウ

世界遺産「ヴィースの巡礼教会」、ノイシュヴァンシュタイン城観光の基点

滞在4D
ヴィース1日、ホーエンシュヴァンガウ2日、フュッセン1日

ヴィース
フュッセンからバスで1h
ヴィースの巡礼教会

シュバンガウ/ホーエンシュヴァンガウ
フュッセンから路線バス15m
ノイシュバインシュタイン城、ホーエンシュヴァンガウ城
入場料12EUR、共通一日券23EUR(ホーエンシュヴァンガウ城を先に見学)

宿泊はホーエンシュヴァンガウが良さそう
ホーエンシュヴァンガウ情報

地図

ホテル
かなり数が少ない
Hotel Garni Schlossblock 41EUR 朝食付き
Hotel Schwangauer Hof 42EUR 朝食付き

レストラン
かなり数が少なそう
Schlossbräustüberl セルフサービス
Allgauer Stuberl 安めのレストラン



2013年6月21日金曜日

ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト

ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルストの行き方

ケルンからアウグストゥスブルク城とファルケンルスト城への行き方
ケルン中央駅からドイツ鉄道DBのRE、RB、MRBのいずれかの列車で約15分 (12分~16分)。本数は1時間に3本程度。片道3.5ユーロ(2011年6月末の金額)
ブリュール/ Brühlという駅で下車します。
お城はブリュール駅をでると、すぐ目の前に見えます。入り口までは多少(300m)歩きますが、直線なので道は間違いようがありません。
ただし、アウグストゥスブルク城とファルンケルスト城はかなり離れていて(2.5km)、二つのお城の移動は徒歩で30分はかかるので、そのつもりで計画を立ててください。どちらもお昼に1時間半閉館するので、時間帯には要注意です。
開館時間(アウグストゥスブルク城&ファルケンルスト城)
火-金 : 9時~12時(見学は13時まで)、13時30分~16時(見学は17時まで)
土、日: 10時~17時(見学は18時まで)
休み : 月曜、12月と1月
入場料(2011年11月現在)
アウグストゥスブルク城 : 5ユーロ(ガイドツアー付きで1時間の見学)
ファルケンルスト城 : 3.5ユーロ(個人で自由に見学)

ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト

ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルストの地図

2013年6月20日木曜日

ドイツ役立つサイトまとめ

ドイツの世界遺産
ドイツの世界遺産の一覧

ドイツ観光局
ドイツ世界遺産の場所が探しやすい。

ドイツ国鉄 Deutsche Bahn
鉄道の時刻表、料金を調べるのに便利。


2013年6月19日水曜日

オランダ役立つサイトまとめ

ワドローペンツアー
ワドローペンのツアー情報。ワドローペンとはワデン海を歩くこと、オランダ北部のフリースランド州で長い間行われているエコ・スポーツ。

Ir.D.F.ヴァウダヘマール

世界遺産 Ir.D.F.ヴァウダヘマールの行き方
WoudagemaalへはLelystadからqliner 315でLemmerに行きます。そこからWoudagemaalまで4km弱です。Sneek行きバス47に乗って7分、Lemsterhoek下車徒歩18分です(進行方向逆に歩く)。

バス路線変更されたよう。
QLiner Wikipedeia

アムステルダムからの行き方

大きな地図で見る

近くにもう一つの世界遺産「スホクラント」があるので、近くに宿泊して観光か?エメロールトかレンメル?

エメロートもレンメルもホテルの数が少なく、高い。



ベルギー役立つサイトまとめ

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル
ブリュッセル、ワロン地方の観光情報、町の地図は必見。

ベルギー ワロン地方炭鉱跡が新世界遺産登録
2012年登録の世界遺産、ワロン地方炭坑跡の詳細情報

ベルギー ワロン地方炭鉱跡

2012年7月1日に登録されたベルギーで一番新しいユネスコの世界遺産がワロン地方の4つの炭鉱跡(グラン・オルニュ、カジエの森、ボワ・デュ・ルック、ブレニー・ミーヌ)。

ウィキペディアにもまだない詳細情報が紹介されています。
http://www.risvel.com/news/128

ルートづくり

あと二ヶ月に迫ったヨーロッパ旅行、そろそろおおざっぱなルートは決めないと。

今考えているルートです。

10日 ブリュッセル
ベルギー(11)周遊 ブリュッセル(3)ブルージュ(3)アントワープ(2+2)モンス(1)ラルヴィエール(1)トゥルネー(1)

7日 アムステルダム
オランダ(8)周遊 アムステルダム(2)ベームスター(1)ユロレヒト(1)ロッテルダム(1)スホクラント(1)レメル(1)レーワルデン(1)

3日 ケルン
ケルン(1)アーヘン(1)エッセン(1)

7日 ハノーファー
ヒルデスハイム(1)ブレーメン(1)リューベック(1)ヴィスマール(1)シュトラールズント(1)

7日 ベルリン
ベルリン(3)ポツダム(1)

2日 レーゲンスブルク(1)

4日 ミュンヘン オクトーバーフェスト(9/21ー10/6)

2日 フュッセン
ヴィース(1)

2日 コンスタンツ(1)

7日 ヴュルツブルク
ヴュルツブルク(1)バンベルク(1)

7日 フランクフルト
リューデスハイム(1)コブレンツ(1)

()内の数字は世界遺産の件数