2017年7月30日日曜日

旅行記28日目 世界遺産「コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群」のガイドツアー


ヨーロッパ世界遺産旅行記28日目、ポルトガル9日目は、世界遺産「コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群」のガイドツアーに参加。そのあと、ペソ・ダ・レグアへへ移動。


朝からスタートのガイドツアーがあるので早起きしました。朝食はホテルで。高級感はないもののそれなりの朝食でした。

前日予約したタクシーを中国人留学生の方とシェアしてコア渓谷博物館へ。

デカいジープのような4WDで博物館を出発。山道を20分くらい走って、そのあとは山の中をウォーキング。


岩絵のあるポイントを数か所巡りました。


ガイドさんは英語で説明してくれました。

博物館に戻って館内を少し見学。


そのあと博物館のカフェでランチ。サンドイッチを頂きました。

タクシーで博物館からポシーニョ駅へ。

ポシーニョ駅からCP(ポルトガル鉄道)でペソ・ダ・レグアへ向かいました。


列車内に荷物置き場がないので、ドアの近くにチェーンロックで荷物を固定してみました。

レグア駅に到着。


レグア駅から徒歩で予約のホテルへ。

ホテルで一休みの後、レグア観光へ。

観光トレインに乗ってレグアを一回り。


途中ワインセラーに寄ってポートワインの試飲をしました。ビジネスクラスでシェリー酒を出すエアライン結構ありますが、ポートワインを出すエアラインって少ないんですよね。この旅行で使ったルフトハンザにはありました。ANAはシェリー酒とコニャックでした。

ピンゴドーセはなかったですが、町中には小さなスーパーマーケットがありました。



夕食は川沿いの通りにあったレストランで。


ということでこの日は、「コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群」と「アルト・ドウロ・ワイン生産地域」の世界遺産を2つまわれました。



掲載している写真はシャッターストックにて販売しています。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿